初めてのフロアコーティング 不安にお応え!

  • HOME
  • フロアコーティング5つのメリット
  • 一括見積もりから完了までの流れ
  • フロアコーティングの種類を徹底比較
  • よくある質問
  • お客様の声

お住まいの地域から探す

特集:初めてのフロアコーティング 不安にお応え!

新築秀宅へご入居の方へ!

フロアコーティング徹底比較
コーティングの種類
条件で比較
フロアコーティング基礎知識
フロアコーティングQ&A

一覧を見る

サービス対応エリア

対応地域一覧

北海道
東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州
沖縄

初めてのフロアコーティング 不安にお応え!

小さな子供がいるけど大丈夫?

フロアコーティングが、特に小さい子供に悪い影響を及ぼすのではないか…という疑念を抱く方が多いことは確かです。
幼いお子様にフロアコーティングがもたらすと誤解されているイメージは主に3つあるようです。

  1. フロアコーティングの原材料の安全性が不安

    つまり、フロアコーティングの液剤等に、有害な成分が含まれているのではないかという疑いです。
    小さいお子様は、床の上を這いまわったり転がったり……という動作をよく繰り返しますから心配になるのも無理はありません。
    たしかに「ワックスを使用していた時代」では、そもそもワックス自体が磨耗しやすく剥がれやすかったので、その成分が細かな粉塵となってシックハウスの原因になることもありました。
    しかしフロアコーティングの場合、密着性がまさに「段違い」ですので、その心配がありません。たとえばUVコーティングなら、ワックスの60倍の耐久性があります。つまり同じ成分を使っていたとしてもそれを体内に吸い込む期間で言えば1/60になるわけです。しかも当サイトの提携業者は厳選された優良業者のみ。ホルムアルデヒドなどの規制も完全順守しておりますので安心です。

  2. つるつるの床だと、走り回る子供の転倒が不安

    フロアコーティングを施工すると、まさにピカピカ光るほどの光沢が出ることが多いので、それが「フロアコーティングは滑る!」という誤解を招いているようです。
    しかし実際にフロアコーティングをすると、むき出しのフローリングにワックスを塗布するよりも、滑りにくくなります
    種類によっては滑りやすさを抑えたものもありますから(特にシリコンコーティング)、むしろ安心して床の上で遊んでいただけます。

  3. 赤ん坊がなめたりすると危ない

    まだオムツが取れる前の時期のお子様は、なんでも口に入れようとしますし、突然フロアをなめるようなことをしてもおかしくありません。ですから「抵抗力のない赤ちゃんの体内に余分な成分が入ったら……」という心配は当然です。

    しかし現在のフロアコーティングは、そこまでの可能性も考慮した上で材料を選定しています。お子様の肌に触れても、たとえ口の中にコーティングの破片が入ってもそれで病気や異常を引き起こすことがないように、念入りに検証されているものだけが使用されているように法律で定められているわけです。
    「家族がいくら増えても、末永く幸せに暮らしていける部屋」を追求しているのが、現在のフロアコーティングです。
    フロアコーティングは、どの時期のお子様にとっても危険をもたらすことはありません。

    むしろ、メンテナンスの楽なフロアこそ、清潔な床であり、清潔な住居であるはずです。
    小さなお子様や、お年寄りなど、健康や安全面でのケアの必要な方々が住む家にこそフロアコーティングは最適だと言えます。



→→ 入力完了60秒。今すぐフロアコーティングの一括見積り結果を知りたい方はこちら

“初めてのフロアコーティング 不安にお応え!” 記事一覧