過去コンテンツ

  • HOME
  • フロアコーティング5つのメリット
  • 一括見積もりから完了までの流れ
  • フロアコーティングの種類を徹底比較
  • よくある質問
  • お客様の声

お住まいの地域から探す

特集:初めてのフロアコーティング 不安にお応え!

新築秀宅へご入居の方へ!

フロアコーティング徹底比較
コーティングの種類
条件で比較
フロアコーティング基礎知識
フロアコーティングQ&A

一覧を見る

サービス対応エリア

対応地域一覧

北海道
東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州
沖縄

施工前の疑問を解決!よくある質問/Q&A

フロアコーティングの費用ってどのくらい必要?

費用につきましては、フロアコーティングの種類や耐久保証年数、施行会社によって実に様々です。
詳細は、やはり見積もりを依頼して確認されることが一番ですが、こちらでは参考価格として、おおよその費用の目安をご紹介します。

一般的に、やはり耐久保証年数が高いほど、費用も高くなります。

◆シリコンコーティング
 16万~22万円(耐久保証年数10年~20年)

◆水性ウレタンコーティング
 8万~15万(耐久保証年数3年~8年)

◆UVコーティング
 20万~35万(耐久保証年数10年~30年)

実際の使用感はどんな感じですか?

使用感につきましては、コーティングの種類によって多少の違いがあります。
どのコーティングにも共通する使用感は、美しい光沢が望め、キズがつきにくく、お手入れが楽になるということです。
水性ウレタンコーティングの場合は、自然な光沢です。
シリコンコーティングはしっとりとした落ち着きのある光沢で、すべりにくいです。
UVフロアコーティングは、照明が反射するほどピカピカで、
表面もツルツルですが、滑りません。

色々タイプがあって、正直迷ってしまいます。
どれがいいのでしょう?

例えば、お子さんやお年寄り、ペットを飼われているなど、それぞれのライフスタイルによって変わってきます。
お子さんやお年寄りがおられる場合は、滑りにくいタイプを、ペットを飼われている場合は、汚れに強いタイプなど、ご自分のライフスタイルにマッチしているフロアコーティングのタイプを選ぶようにされるとよいでしょう。

また、コーティングのどこを重視するか(例えば、耐久性、見た目のつや、メンテナンス性、施工会社の知名度や評判、アフターサービスの内容、経済性など)によっても変わってくると思われます。

小さい子供がいるので安全性がとても気になるのですが、
安全面は本当に大丈夫なのでしょうか?

現在のフロアコーティングは、どの種類のコーティングも安全性を考慮した塗料が使用されています。
コーティング用塗料は、食品衛生法、食品添加物等の公的基準に適合したものです。
適合範囲内であっても、さらに数値が低いものほど、安全性は高いと考えられます。
ご心配な場合は、施行を予定される会社に、公的機関での適合試験の結果や成分表などを見せてもらい、ご確認されるとよいと思います。

ペットを飼っているのですが、大丈夫でしょうか?

フロアコーティングは、ペットを飼われている方にも適しています。
コーティングによって、フローリングを硬い皮膜で保護し、ペットによる引っかきキズやスリキズの防止に高い効果が期待できます。
また、尿によりシミや変色からもフローリングを保護することができます。

コーティングの施行にかかる時間はどのくらいですか?

コーティングの種類や施工する面積などによっても変わってきますが、一般的に作業時間は、6時間~9時間が目安となっています。
施行後、コーティングの塗料が乾くと歩行などは、すぐに可能になりますが荷物などの搬入は、コーティング塗料の種類によっては、丸一日要する場合もあります。
乾くまでの時間は、フロアコーティングの種類によって変わってきます。(UVコーティングの場合は瞬時に乾きますので、すぐに歩行可能です)



→→ 入力完了60秒。今すぐフロアコーティングの一括見積り結果を知りたい方はこちら