よくある質問

  • HOME
  • フロアコーティング5つのメリット
  • 一括見積もりから完了までの流れ
  • フロアコーティングの種類を徹底比較
  • よくある質問
  • お客様の声

お住まいの地域から探す

特集:初めてのフロアコーティング 不安にお応え!

新築秀宅へご入居の方へ!

フロアコーティング徹底比較
コーティングの種類
条件で比較
フロアコーティング基礎知識
フロアコーティングQ&A

一覧を見る

サービス対応エリア

対応地域一覧

北海道
東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州
沖縄

施工前の疑問を解決!よくある質問/Q&A

フロアコーティングの種類

安いコーティング探してます

A

コーティングの費用が安く済んだらそれに越したことはないですね。当サイトが見積もりを一括でお願いできるようになっているのも、そんなお客様の率直なご要望にお応えするためです。

とはいえ、ただ安ければよいというものではありません。どんな買い物でもそうですが、安くなることは質のグレードが落ちることを意味します。フロアコーティングの場合、消耗品を買うこととはわけが違います。コーティングは、その後何年も~あるいは十年以上にもわたって効果を期待するものですから、安くて効き目の乏しいコーティングを選んでしまうと、ずいぶん時間がたってから後悔する恐れがあります。

特に、ただ安さだけが目立つ業者の場合、保証が付いてこなかったり、個人経営であったりと、良心的な企業と比べて足りないものが多いことが安さを支えていることもあります。

確かに、「高ければいいものではない」ことも事実です。「高い業者=安心」という傾向はありますが、高い業者の場合、宣伝や広告費に予算をつぎ込んでいる事例が多いほか、施工を自社で行わずに他社に外注している可能性もあります(同じ技術レベルの場合、自社で施工を行う業者のほうが安めになる可能性があるといわれています。

予算と相談することは大切ですが、質を犠牲にしてまで安上がりに済ませるよりも、質のしっかりした種類を選んだほうが、高い効果が長年引き出されますから「いい買い物をした」ことになります。

実は当サイトにとってみれば「より高価な施工の申込みをされたほうが儲かる」というわけではありません。
ただ、当サイトを通じてお申し込みになる方々からは、耐久年数の長い「UVコーティング」などでお申込みをされた方からのほうが圧倒的に高い評価をいただくことが多いので、このような方針でおすすめしています。



→→ 入力完了60秒。今すぐフロアコーティングの一括見積り結果を知りたい方はこちら