新築住宅へご入居の方へ!

  • HOME
  • フロアコーティング5つのメリット
  • 一括見積もりから完了までの流れ
  • フロアコーティングの種類を徹底比較
  • よくある質問
  • お客様の声

お住まいの地域から探す

特集:初めてのフロアコーティング 不安にお応え!

新築秀宅へご入居の方へ!

フロアコーティング徹底比較
コーティングの種類
条件で比較
フロアコーティング基礎知識
フロアコーティングQ&A

一覧を見る

サービス対応エリア

対応地域一覧

北海道
東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州
沖縄

新築住宅へご入居の方へ!

新居ご購入、おめでとうございます。
住宅にしろマンションにしろ、新居の購入は「人生でいちばん高い買物」ですから、よろこびもひとしおだと思います。

末永く暮らす、大事な大事な住まいですから、新居の床はいつまでも美しいまま維持していきたいもの。
まさに、「フロアコーティングするなら、今!」ですね。

新居の床を20年「守る」ために

現在の日本では、新築される住宅の床はフローリングであることがほとんどです。
フローリングは見た目のよさも過ごしやすさも優れていますが、

  • 上からの圧力に弱くて傷つきやすい
  • 水に弱く、からぶきやワックスがけでの手入れが必要

……といった弱点があります。

大事に使おうと注意しても、なにもしないままの床はどんどん傷がついたり汚れたりするものです。
毎日の生活を続けてゆく以上、それは避けて通れない運命です。

かといって、「汚れてしまったらきれいに掃除すればいい」というわけでもありません。
フローリングは簡単に水拭きしたり洗剤を使ったりできませんし、目地に沁み混んでしまった汚れや、不注意でつけてしまった傷は、もうどうにもなりません。
「あとの祭り」になってしまいます。

フロアコーティング事例

「新築」であるうちにフロアコーティングするメリットとは?

しかし、家が建ってから入居をするまでの間にフロアコーティングしてしまえば、そんな不安も、入居する前に一気に片付けてしまえます。

新築物件にフロアコーティングを強くお薦めする理由は2つ。

  • (1)「まだ新品のうち」にコーティングしておけば、修理修繕をほどこす必要がない。
  • (2)「荷物の搬出・搬入」といった手間が省ける。

車を購入した時にポリマーコーティングすることを思い浮かべていただければわかりやすいと思いますが、「中古車」にポリマーコーティングするのと、「新車のうち」にポリマーコーティングするのとでは、その仕上がりの輝きはまったく違うものです。

同様に、フロアコーティングの場合でも、傷ひとつないフローリングの段階で施工することが、いちばん理想的なコーティングといえます。

ぜひ、少しでも早い段階で、新品の輝きを20年保持するために、瞬間密封パック(つまりフロアコーティング)でガードしてしまうことをオススメいたします。
家財道具を搬入した後だと、それら重たい家具を別室に運ぶなど、面倒なことが多くなってきます。

汚れが隙間に入り込む前に、シャットアウト!

内覧会用のサービスワックスはキャンセルしましょう

新居の最初の「お披露目」。それが内覧会です。 そして、内覧会の時点では、新居をより魅力的に見せるために、あらかじめ「サービスワックス」が塗布されていることが一般的です。

しかし、もしあなたがフロアコーティングの施工を考えているのだったら、前もってワックスの塗布はキャンセルすることをオススメいたします。

理由は、「ワックスをすべて剥離しなくてはならないから」です。
剥離の方法にもいろいろあり、フロアコーティングの専門業者なら万全を期して剥離いたしますが、それでも「まったくの新品」ではなくなりますし、そのための費用が余計にかかる場合もあります

内覧会にフロアコーティング業者を同行させるのがベスト!

内覧会は「嬉しいお披露目の場」であると同時に、「欠陥がないかどうかの最終チェックの場」でもあります。

最近では、内覧会にフロアコーティングの業者が付きそうことが増え、業者のHPでも、そのようなサービスをうたうことが多くなりました。

内覧会にフロアコーティング業者を同行させるメリットは主に2つです。

  • (1)フローリングを知り尽くしたプロが、第三者的に「床の出来をチェックしてくれる」
  • (2)事前の調査・確認がその場で済み、後日、フロアコーティングの作業にスムーズに移行できる。

フロアコーティングの業者は、言うまでもなく「フローリングのプロ」です。
そして、実は「水まわり関係のプロ」でもあるのです。(水まわりからフローリングは痛むため)

ですから、そのようなプロフェッショナルと一緒に内覧会に臨むということは、素人目にはまったくわからないような欠陥でも見つけてくれるという点で、とても心強いことですし、なにしろ「第三者」ですから、前もってお願いしておけば、あなたが住宅の施工業者に対して言いづらいことでもズバズバと言ってくれるでしょう。

そしてもし、フローリングに欠陥があった場合は、その場で指摘して、「新居の納品」までに直してもらうことができますので、フロアコーティングの施工日当日に「応急リペア」する必要もなくなりますし、その費用も浮くことになります。(後日クレームをして返金してもらうよりずっと楽です)

内覧会に同行してもらえるかどうかは、当サイト「一括見積もり請求の申込みフォーム」の備考欄にお書き添えくださいませ。
対応する業者が、かならず見つかります。

ご注意!

住宅の施工業者にフロアコーティングをご依頼することも検討されているかと思いますが、よほどのことがない限り、当サイトで見積もるより高額になります。
下請け業者に発注して、自社の儲けも必ず上乗せして請求されるためです。


→→ 入力完了60秒。今すぐフロアコーティングの一括見積り結果を知りたい方はこちら