フロアコーティングの基礎知識

  • HOME
  • フロアコーティング5つのメリット
  • 一括見積もりから完了までの流れ
  • フロアコーティングの種類を徹底比較
  • よくある質問
  • お客様の声

お住まいの地域から探す

特集:初めてのフロアコーティング 不安にお応え!

新築秀宅へご入居の方へ!

フロアコーティング徹底比較
コーティングの種類
条件で比較
フロアコーティング基礎知識
フロアコーティングQ&A

一覧を見る

サービス対応エリア

対応地域一覧

北海道
東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州
沖縄

フロアコーティングとワックス、9つの違い

フロアコーティングとワックス?
「どっちも似たようなものじゃないの?」なんて思う方も多いのですが、このふたつは大違いです。
このページでは、フロアコーティングとワックス、この2つにどんな違いがあるのかを詳しくご説明いたします。

1. 耐久年数、持続する美しさ

いちばんの大きな違いです。
ワックスは長くてもせいぜい数ヶ月しか持ちませんが、それに比べて、フロアコーティングは短い種類でも1年以上、長ければ20年以上持ちこたえてくれるパワーを秘めています。

しかもワックスの場合、「塗り直し」をする時にいちいち全剥離する方はいませんので、薄汚れてきたフローリングの上にまたワックスを重ね塗りすることになります。すると数年後、数十年後には、汚れの蓄積で「まったく違った色の床」になってしまいますが、フロアコーティングではそういったことはありません。いつでも、いつまでも新品の輝きを取り戻せます。

2. 掃除やお手入れにかかる手間隙

ワックスがけをするとなると、その準備をするだけでもひと苦労ですね。しかしフロアコーティングの場合、施工が終わると、その後はほぼ「ほったらかし」。汚れてきたら、モップや雑巾で水拭き掃除をするだけです。
また、ワックスには耐水性も耐薬品性もないので「乾拭きのみ」ですが、フロアコーティングだったら、たとえば「スチームモップ」を使うことすら種類によっては可能です。

3. ダメージに対する保護性能

何かを落としたり、あるいは小さいお子様や犬・猫が傷をつけたりした場合、ワックスではほとんど防ぐことができません。塗布される膜面の硬さがぜんぜん違うからです。
フロアコーティングもあらゆるダメージをシャットアウトできるわけではなく、種類による違いもありますが、それでもワックスとは比べものにならない頑丈さでフローリングの床を保護してくれます。

4. 光沢(ツヤ)の違い

ワックスも、塗布した直後だったら「それなりの輝き」を見込めるでしょう。しかしその美しさも長くは続きません。
フロアコーティングだったら、光沢が続く期間も段違いですし、グランドピアノの表面のようにピカピカにすることだってできます。また、種類によっては光沢を抑えたマット調に調節することも可能です。

5. においが残るか残らないか

ご自身でワックスがけをする場合、どうしても何日もの間ワックスのにおいが消えません。
フロアコーティングの場合、長くても数日、種類により数時間でにおいは消えます。

6. 液剤の安全性

フロアコーティングは揮発性も少なく、特に安全性の高い液剤を使っていますので、たとえばもし小さいお子様やペットが床をなめたとしても健康に害を与えることはありません。
何よりもワックスは「数ヶ月ですべて剥離してしまう」ので、「20年間かけて少しずつ剥離するフロアコーティング」と比べたら、撒き散らされる成分の量もケタ違いです。

7. 滑り止め効果

「ピカピカのフロアコーティングは滑りやすいのでは?」という誤解は、実はワックス経験者に特有のものです。
たしかにワックスは滑ります。しかしフロアコーティングの場合、滑り止めの機能に優れた種類もありますから、うまくチョイスすればご老人のいるご家庭でも、むしろ、なにもしていない床よりずっと安全です。

8. 水や油、薬品にも強いかどうか

ワックスは耐水性や耐薬品性がないので、水拭きや洗剤などを使うと、フローリング内部に染み込んで劣化してしまいます(お掃除は乾拭きのみ)。
一方、フロアコーティングでしたらアンモニア、除光液、などの成分もはじくので、ペットがオシッコしてしまっても大丈夫。油性マジックの落書きでさえも、きれいに取り除くことができます。

9. 経済性(コストパフォーマンス)

「耐久年数」に関わる問題なので、もしかしたらこれが最大の違いであり、お客様が「フロアコーティングをしよう!」と思い立ついちばんの理由かもしれません。

たとえば市販のワックス(耐用期間4ヶ月)のいちどの塗布にかかる料金が5千円、UVコーティング(耐用期間20年)の施工費用が15万円だとしたら、その後20年間に必要となる費用総額は、

  • 市販ワックス   5,000(円)×60(回)=300,000(円)
  • UVコーティング 150,000(円)×1(回)=150,000(円)

実に、ワックスの半額(しかもメンテナンスはだんぜん楽)。
単純にコストパフォーマンスの面だけで考えても、だんぜんフロアコーティングのほうがお得です。